血圧を下げるトマトの力!高血圧にはトマト!

血圧が高い時には、食事の改善が必要です。野菜には、身体の調子を整える様々な栄養が含まれています。いろいろな野菜をバランスよく食べることで、健康に必要な栄養を補うことができます。野菜の中でもおすすめなのがトマトです。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




トマトに含まれるカリウムとリコピン

トマトには、健康に良い栄養がたくさん含まれています。特に血圧に関係する栄養成分は、カリウムリコピンビタミン類です。カリウムは、血圧を高くしてしまう原因の一つ、塩分と関係があります。リコピンは、血液の通り道である血管に関係してきます。ビタミンは血液や血管に関係してきます。わたしたちの身体は、様々な栄養によって健康を保たれているのです。

高めの血圧を下げる野菜トマト!カリウムが塩分を出す!

トマト100gには、約210㎎のカリウムが含まれています。カリウムは、体内に入った塩分を、水分と一緒に外に出すはたらきをします。ナトリウム・カリウムポンプ」といわれ、体内の塩分を調節してくれるのです。

体内の塩分を排出してくれるという、ありがたい効果があるカリウムですが、どれくらいの塩分を身体の外に出してくれるのでしょうか?

塩分1gを身体の外に出すのに必要なカリウムの量は、約300mgです。トマトは一つ1個で200g~300g程度ありますから、含まれるカリウムの量は、約500㎎前後となります。カリウムの量だけで考えると、トマト1個分で1gちょっとの塩分を外に出してくれるということになります。すごいですよね。

塩分が低くなると、血圧は下がります。しかし、カリウムは摂りすぎると腎臓や肝臓に良くないといわれていますので、注意が必要です。適度な摂取量は、1日1個程度です。

高めの血圧を下げる野菜トマト!リコピンが血管を守る!

トマトに含まれる有名な成分がリコピンです。

年齢とともに体のあちこちが老化していきます。これは自然なことで、仕方のないことですよね。この老化は、身体のかなでも起こります。血管は老化すると弾力を失い、狭く硬くなってしまいます。血管が硬くなると、一見強くなるようで良さそうですが、弾力を失った血管は、強い力がかかると破れやすくなってしまうのです。

リコピンには強い抗酸化作用があり、血管が老化して硬くなっていくのを防いでくれます。血管のアンチエイジングをしてくれるのです。血管が硬くなっていく怖ろしい病気があります。動脈硬化です。リコピンは、この動脈硬化を防ぐ働きがあるといわれています。

血圧を下げる野菜トマト!安くておいしいから続けられる!

栄養満点で、健康に良い野菜ですが、値段が高かったり希少で数が少なかったりすると、手に入れて毎日食べることができません。しかし、トマトは近くのスーパーで手に入り、値段も高くはありません。

様々な品種が作られていて、味もおいしいものばかりです。安い、おいしい、手に入れやすいと三拍子そろった野菜なのです。

トマトの食感が苦手な人には、トマトジュースがおすすめです。濃縮トマトジュースには、トマト数個分の栄養がそのまま入っています。フルーツとミックスしてあるものも多く、飲みやすい味になっています。

トマトを育てて毎日食べる!ミニトマトはおすすめ!

毎日しっかいりとトマトを食べたい場合には、トマトの栽培もおすすめです。ベランダやお庭で簡単に作ることができます。特におすすめなのがミニトマトです。プランターで栽培できるので、場所を取りません。病気に強い品種も多く、初めてでもたくさんのミニトマトをつくることができます。最近のおすすめ品種はアイコです。やや細長い形のミニトマトですが、甘くておいしい味が特徴です。種を取り寄せて栽培しました。夏から秋には、食べきれないくらいのミニトマトができますよ。自分で作ったトマトは、愛着もあり、毎日食べるはずです。血圧にもしっかりと結果が出てくるでしょう。

園芸や農作業は、体を動かす運動にもなります。まさに血圧が高い方にピッタリな趣味になります。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




血圧安定レクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする