高めの血圧に!血圧を下げる野菜特集!毎日食べて健康生活!

血圧が高いと分かったとき、減塩という言葉は浮かびますが、それ以外にどんなことをすればいいのかよく分かりません。野菜には、血管を健康に保ったり、血液の流れをよくしたりする成分がたくさん含まれています。高めの血圧を改善する上で、野菜は欠かせません。

血圧が高い場合に食べるのをおすすめする野菜を紹介します。野菜中心のバランスの良い食事で血圧を下げましょう。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




血圧を下げる野菜!カリウムを含む野菜がおすすめ!

血圧が高い状態は、塩分の摂りすぎが原因の場合が多いです。知らず知らずのうちに、過剰な塩分を摂っている場合があります。そんな場合におすすめなのが、カリウムを多く含む野菜です。

カリウムは、体内で塩分のもとになっているナトリウムと結合して体の外に出ていきます。つまり、体内の余分な塩分を身体の外に出してくれるのです。塩分1gを身体の外に出すのに必要なカリウムは約300mgです。

塩分は、血圧が高い人の場合は、1日6g以下が理想とされています。しかし、日本人の塩分の平均摂取量は1日約12gです。2倍の塩分を摂っていることになります。ちなみに、カップラーメンには6g、梅干しには2gの塩分が含まれています。毎日の食事を考えてみると、塩分を多めに摂りすぎている場合は多いのです。

カリウムは、体内の塩分を外に出してくれる働きをします。しかし、摂りすぎは腎臓などの器官に負担をかけるのでいけません。バランスよく、いろいろな野菜を食べるようにして、適量のカリウムを摂るのが望ましいです。

トマト

トマトには、たくさんのカリウムが含まれています。1日1個のトマトを食べれば、十分です。また、トマトにはリコピンという成分も含まれています。リコピンには強い抗酸化作用があり、動脈硬化を予防してくれます。

大豆

大豆には、カリウムの他に、ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンが含まれています。血液中の悪玉コレステロールの値を減少させ、動脈硬化を予防してくれます。また、女性の健康に役立つ成分として有名です。抗がん作用も報告されています。

芋類

サツマイモなどの芋類にもたくさんのカリウムが含まれています。芋類には、豊富な食物繊維が含まれていて、腸の環境を良好にしてくれます。

パセリ

パセリには多くのカリウムが含まれていて、100g中1000mgと、野菜の中でもトップクラスの含有量です。パセリには、ビタミンやカルシウムも多く含まれているので、健康維持の効果も高いです。毒消し効果もあるとされていて、食後に食べるようにすると良いでしょう。

まとめ

野菜は健康維持に必要な様々な栄養を含んでいます。中でもカリウムは、高めの血圧を下げる成分です。様々な種類の野菜からバランスよく摂ることで、健康な生活を維持していきましょう。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




血圧安定レクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする