DHAとEPAは高めの血圧を下げる?多く含む食べ物は?

DHA、EPAは血液をサラサラにしてくれる成分として注目を集めています。すでに多くのサプリメントも販売されていて、ドラッグストアやコンビニでも手に入れることができます。DHAとEPAは、血液を流れやすくしてくれるので、高めの血圧を下げることが期待されています。DHAとEPAについて詳しく説明します。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




DHAやEPAは血圧の強い味方?

DHAやEPAは、主に魚に含まれている成分です。特に、青魚に多く含まれる成分で、血液サラサラ成分として有名です。

イメージとして、血液がサラサラになれば、血管の中を流れやすくなります。血液を流すために必要な力が弱まれば、血圧は下がっていくということになります。

また、DHA・EPAは、血管にとっても力強い味方となる成分です。まずはDHA・EPAについて少し紹介します。

DHAは、「ドコサヘキサエン酸」と呼ばれる成分です。強い抗酸化作用をもっていて、血管が老化して硬くなっていくのを防いでくれると言われています。血管のエイジングケアです。

本来、血管にあは本来弾力があり、多少の強い力が加わっても簡単に破れたりしないようになっています。DHAはそのはたらきをサポートする成分です。

また、血中のコレステロール値も下げてくれますので、体重やコレステロール値が気になる方にはありがたい成分です。

EPAは、「エイコサペンタエン酸」と呼ばれる成分です。人の体ではほとんど作ることができず、食べ物から補う必要があります。EPAを多く含むのは青魚です。血液がかたまるのを防ぐはたらきがあり、血の塊で危険な血栓ができるのを防いでくれます。

また、血中の中性脂肪を減らしてくれる成分で、生活習慣病の予防にはメリットが大きい成分です。

DHAとEPAは、ともにオメガ3脂肪酸と呼ばれ、生活習慣病の予防が期待されている成分です。よくテレビ番組でも特集され、血液サラサラ、健康な血管の維持、ダイエットにまで話題が広がっている注目の成分です。酸化しやすい成分なので、注意が必要です。

DHAとEPAはどれくらい必要?1日の摂取量

DHAとEPAは、1日に1000mg必要とされています。つまり1gです。1円玉1枚の重さです。

サンマだと、1尾150g程度で必要摂取量を超えます。バッチリOKということです。小アジならば2尾くらい、マグロの刺身なら5~6切れで十分です。

身体に必要であり効果も素晴らしい成分なのですが、問題は毎日これらの魚を食べられるかということです。魚が好きで、毎日食べても大丈夫という人は問題ないでしょう。しかし、魚が苦手な人は難しいと思われます。

魚が苦手な場合は、サプリメントが便利です。コンビニやドラッグストアで、DHAやEPAのサプリはすぐに購入することができます。その際、DHAやEPAの量には注意するようにしましょう。1日に必要な量は1000mgです。

DHAとEPAを多く含む食べ物!季節が旬の魚がベスト!

DHAとEPAは、人体ではほとんどつくられません。食べ物から摂取する必要があります。どんな食べ物が、DHAとEPAを多く含んでいるのか紹介します。

大切なことは、一度に大量の食材を食べることではありません。毎日、必要量を意識しながら、栄養を摂り続けていくことです。おすすめは、季節が旬の青魚になります。

【DHAとEPAを含む食べ物】
・イワシ
・アジ
・サンマ
・サバ
・マグロ
・ブリ
・カツオ
・サワラ
・シャケ
・ウナギ
・ヨーグルト
・たまご

紹介した食材は一部です。白身魚にもDHAとEPAは含まれています。ですが、多く含むのは、季節が旬の青魚です。季節ものなので、脂ものって美味しいです。「秋といえばサンマ(秋刀魚)」ですから。

サバやイワシの水煮缶などの缶詰にも含まれています。調理が苦手という方は、サバの水煮缶を利用すると簡単です。サンマのかば焼き缶詰などは、調味料が多いので血圧にはどうかと思います。塩分のことを考えると、純粋な水煮缶がいいかもしれません。

DHAとEPAは酸化しやすい成分です。できるだけ鮮度がいいうちに食べるほうがいいです。刺身はおすすめの食べ方になります。

焼き魚や煮魚でもOKです。特に皮の部分に栄養が多く含まれている場合が多いです。可能なものは皮まで食べるようにします。

DHAとEPAは健康にも血圧にも注目の成分です。ぜひ、毎日の食生活に魚を一品入れるようにしていきましょう。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




血圧安定レクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする