血圧を下げる酢のはたらき!酢の持つ力!

「酢は健康に良い!」昔から言われてきていることですが、毎日酢を摂っていますか?

わたしの答えは「NO」でした。料理の中に、ほんの少しだけ酢が入っているときがあるという程度でした。意識して酢を摂るようにしたことはありませんでした。

しかし、血圧が高い、高血圧ですと診断されてから、真っ先に妻から勧められたのが『酢』でした。しかも、ただの酢ではありませんでした。「リンゴ酢」です。リンゴの味がして、飲みやすい酢でした。

酢には他にも、黒酢などが有名です。最近では、沖縄地方で作られているきび酢にも注目が集まっています。さとうきびを原料に作られている酢です。

酢には様々な種類がありますが、どれも同じ「酢」ですので、基本的に内容は同じです。血圧にも良いとされている酢の力を紹介します。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




リンゴ酢を続けてみた結果!

リンゴ酢を飲んでみた感想。それは「飲みやすい!」ということでした。わたしは「酢の物」等が苦手です。酸っぱい感じが嫌で、お弁当等で酢の物が出ても、ほとんど食べることができません。

妻から勧められたリンゴ酢は、酢の匂いはしますが飲みやすい酢でした。大さじ3杯を毎日飲むようにしました。

最初は何の変化も感じませんでしたし、血圧も変化はありませんでした。1か月くらい続けた段階で、少しずつ血圧に変化がでてきました。

2か月を過ぎたくらいで、上が160を超えていた血圧が、120台まで下がるようになってきました。

わたしの良くないところは、下がると安心して測定を止めてしまうところです。このリンゴ酢についても、血圧が下がって安心し、そこで止めてしまいました。最終的にどこまで血圧が下がったのかは覚えていませんが、健康な範囲にまで下がったことは確かです。安心しきって血圧測定まで止めていますから。

リンゴ酢を飲んで感じたことは、「恐らく普通の酢だったら続けていなかっただろう」ということです。リンゴ酢は飲みやすかったです。ですから続けられたのだと思いました。

酢のもつ健康パワー!

酢の主な成分は酢酸です。酢酸が体内に入ると、アデノシンという物質ができます。このアデノシンには、血管の膨張作用があります。血管を拡げてくれるのです。狭いと流れにくい血液も、拡がった血管ならどうでしょうか。流れやすそうですよね。つまり、酢には血液の流れ、血流を良くする効果があります。

血流がよくなると、血圧は下がっていきます。酢の持つ効果のうれしいとろは、これが血圧が高めの人にだけ起きる効果だというところです。正常値の方や血圧が低い方の血圧は下がりません。

血圧が下がると、血管に良いことがあります。それは血管が傷つき老化していくのを防いでくれるということです。血管を守ってくれるのです。

酢には、コレステロールが増えるのを防ぐ効果もあります。内臓脂肪、中性脂肪にも良いとされているので、苦手でないなら、飲まない理由はありません。

どれくらい酢を飲めばいいの?

毎日大さじ1杯の酢を飲み続けることで、4週間目から高めの血圧が低下するということが報告されています。

1日に15mlの酢を飲めば十分です。大さじ1杯分ですね。

酢は直接飲んでもいいですし、料理に混ぜてもいいです。飲めない場合はサプリでもOKです。黒酢のサプリは多くのメーカーから販売されています。

いつ飲むのがベストか?

飲む量が分かったところで、次に気になるのが飲む時間帯です。

朝?昼?夜?

どの時間帯に飲む方がよいのでしょうか?

基本的に、酢はどの時間帯に飲んでも健康によいものです。しかし、血圧が高めの方の場合は、朝がおすすめです。その理由は、朝の時間帯が一番血圧が急上昇する時間帯だからです。

朝に酢を飲むことによって、急激な朝の血圧上昇を緩やかにしていくことができます。ですから、酢は朝に飲む、または調理して食べるようにするのがおすすめです。

どの時間帯に酢を飲むにしても、酢は酸の一種ですので少し注意が必要です。歯と胃です。

酢を飲む場合の注意点

酢を飲む場合には気をつけることがあります。それは、酢を飲む際に歯のエナメル質を溶かそうとする場合があるということです。ですから、酢を飲む場合は、長く口の中に含むのではなく、すぐに飲み込んでしまうのが良いでしょう。また、酢を飲んだ後は、水でうがいして口の中をきれいにしておくことをおすすめします。

あまり酸度が強い酢の場合、胃を傷める場合もあります。その場合は、水で薄めるなどして飲むようにしましょう。胃が痛いのに、無理して飲んではいけません。

ですが、最近はリンゴ酢のように飲みやすい酢増えてきています。興味を持たれた方は、いくつか試してみて、自分に合った酢を探してみるのも面白いと思います。

こちらのリンゴ酢は、2つの味が試せます。


カネショウの「樽熟りんご酢2本・ハチミツ入りんご酢ライト1本」

トマトと酢を組み合わせたトマト酢もあります。トマトのカリウム・リコピン、酢の酢酸のトリプルパワーで血圧を安定させます。


JAビバレッジ佐賀 佐賀のすっきりトマト酢 125ml紙パック×24本入

はちみつで割って飲むと、甘くておいしく酢を飲むことができます。酢が苦手な方は、試してみてはいかがでしょうか。

血圧におすすめなのは『きび酢』

高めの血圧を下げるはたらきのある成分が多く含まれているのはきび酢です。主に沖縄地方で栽培されているさとうきびを原料に作られる酢で、カリウムやマグネシウムが通常の酢よりも非常に多く含まれています。

血圧が心配な方にはピッタリの酢です。あまりスーパー等では見かけませんので、購入される場合は、ネット通販での購入が便利です。

最後に酢のデメリットです。それは、酢を飲むのを止めてしまうと、効果も終わるということです。言われてみれば当然のことですが、酢の力で血管を膨張させ、血流をよくしているのですから、飲まなくなれば元に戻ります。何事もそうですが、続けることが大切なのですね。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




血圧安定レクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする