血圧計で不整脈の記号が出るようになったので不整脈について調べました!

血圧測定をしてみると、最近よく不整脈の記号が血圧計に出ます。毎回ビックリするのですが、半年前まではそのように頻繁に出ることはありませんでした。

とても気になったので、不整脈について調べてまとめました。高血圧だと不整脈が出やすくなるのかな?

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




不整脈とは?

心臓が1日何回動いているかご存知ですか?

もちろん個人差はありますが、約10万回動いています。おそろしい数字ですよね。数えようとしても無理です。

しかも、心臓は一定のリズムで動き続けています。この一定のリズムが乱れたときに不整脈が出ます。

不整脈とは、脈の打ち方がおかしい状態のことです。

1日に10万回も動くのですから、ときにはリズムがおかしくなることもあるのではないでしょうか。と自分に言い聞かせています。

不整脈の種類と原因

不整脈には、大きく分けて3つの種類があります。「脈が飛ぶ」、「速い」、「遅い」の3つです。

それぞれ、「期外収縮」、「頻脈」、「徐脈」と呼ばれます。どれも不整脈です。

そういえば、わたしは昨年は脈拍数が低く、徐脈ぎみでした。

不整脈の原因は主に2つです。病気意外の原因と病気が原因の場合です。

病気以外の原因では、加齢や体質、ストレスなどがあります。歳をとると、不整脈は起きりやすくなります。

心臓の病気、高血圧、甲状腺、肺の病気の場合にも不整脈は起きます。その場合は治療が必要ですので、病院を受診しましょう。

不整脈は日常的に起きりやすいものです。心配しなくても大丈夫な場合と心配な不整脈があります。

心配ない不整脈

運動すれば脈は速くなりますし、ちょっとした緊張でも脈は変わってきます。特に動悸や息切れもない場合は心配ないことがほとんどです。

脈がたまに飛ぶ程度のものも心配ないようです。わたしはこれです。

しかし、心配な場合は病院で検査してもらうことをおすすめします。心配していること自体がストレスになってしまいますから、早めに調べてもらい無事を確認した方が良いと思います。

心配な不整脈

心配すべき不整脈は次のような不整脈です。

・意識がなくなったり失神する場合
・動悸や息切れが伴う場合

どちらも体の異常に気付くはずですので、気づいたらすぐに病院を受診すべきです。

わたしの場合は、脈が飛ぶ不整脈でした。意識がなくなったり、動悸や息切れもありませんでしたので、特に病院受診はしていません。

加齢と血圧が高いことが原因なのかなと思います。でも、最近は血圧が下がっているのになぜ?

数か月続くようなら病院に行こうと思います。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




血圧安定レクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする