亜鉛が血圧を下げる?どんな効果が期待されるの?

亜鉛は血圧を下げることができる食べ物です。

もちろん食べ物の成分としての亜鉛のことです。金属の亜鉛をそのまま食べてはいけません。鉄分、カルシウムなどと同じように、栄養成分としての亜鉛のことです。

亜鉛は、育毛でお悩みの方は聞いたことがある成分だと思います。髪によい成分とされ、わたしも一時期摂りまくりました。アーモンドを毎日たくさん食べていました。

その亜鉛なのですが、亜鉛そのものが直接血圧を下げるということではありません。十分な亜鉛を摂ることで、血管が若々しく弾力を取り戻してきます。血管が健康になることによって、血圧が下がってくるというわけです。

高い血圧によって血管が痛み、硬くなってしまった状態を動脈硬化と呼びます。動脈硬化を予防し、改善していく成分として注目されているのが亜鉛なのです。亜鉛のパワーと、亜鉛を多く含む食べ物について紹介します。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




亜鉛が動脈硬化から血管を守る?

亜鉛は血管が老化し、硬くなっていってしまう動脈硬化を予防するとされています。

亜鉛は、血液中にある血管の動脈硬化を進める物質を取り除くことに関係しています。また、亜鉛は新陳代謝に関係します。不足すると、外見上は髪の毛や爪への影響、男性の場合は生殖機能の低下も心配されます。

様々な食材に少量ずつ含まれていますので、栄養の一つとして積極的に摂るようにしていくとよいでしょう。

亜鉛は1日にどれくらいの量を摂ることが望ましいのでしょうか?

亜鉛の1日の摂取量は、約10㎎(男性)、8㎎(女性)と推奨されています。残念ながら、この量を日常的に摂っている人は少ないようです。

亜鉛を多く含む食品を紹介いたします。ぜひ積極的に摂取するようにしましょう。

ただし注意してほしいことがあります。

それは亜鉛を摂りすぎることです。亜鉛の摂る量は、約40㎎までとされています。通常の食事でここまで摂ることはありません。しかし、サプリ等も利用したり、大量に食べ続けると超えるかもしれません。何事も「ほどほどに!」が重要です。

亜鉛を含む食べ物!不足がちなら進んで食べよう!

亜鉛は、実は身の回りの多くの食材に含まれています。

それぞれが含む量は様々です。一度に一つの食材から体力に摂ることはおすすめしません。いろいろな食材から少量ずつ摂るべきです。そうすることで、様々な栄養も一緒に摂ることができるからです。栄養のバランスのとれた食生活が大切です。

【亜鉛を含んでいる食べ物】
大豆
ゴマ
ナッツ類
牡蠣
カボチャ
チーズ
肉類
ココア

御覧の通り、わたしたちが普段から口にしているものが多いです。中でも牡蠣は、多くの亜鉛を含んでいるとされています。季節が旬の牡蠣を食べるようにしましょう。

高めの血圧を下げるのは、一つの成分ではありません。バランスのとれた食生活と運動習慣がです。

スポンサーリンク
血圧安定レクタングル




血圧安定レクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする